30代でピアノを再開!上達するコツと練習方法・教材

ピアノ

小さいころ習っていたピアノ。途中で辞めたけど、趣味としてまた再開したいなと思っていませんか?30代になると仕事に追われる一方、プライベートも充実させたいと思うようになります。過去にピアノをやっていた人が、またピアノに興味を持ち始めるのは自然なことです。そこで今回は30代でピアノを再開したい人向けに上達するコツと練習方法・教材についてご紹介します。

30代でピアノを再開!でも…上達するの?

30代でピアノを再開すると、「子どもじゃないし、今からでも上達するんだろうか…」と不安に思っている人も多いでしょう。確かに小さいころから30代になるまで毎日のように弾き続けてきた人にはかないませんが、30代はまだまだ脳も体も元気です。今から始めても十分、上達する可能性があります。

ピアノに一度も触ったことがないという初心者は、大人でもどの鍵盤を押せば「ド」が鳴るのか分からないという人もいます。一方、ピアノ再開者は楽譜の読み方、指の動かし方などピアノを弾く上での最低限の知識があるので、練習を始めれば初心者よりぐんぐん伸びます。

ピアノは最近、シニア層にも人気があり、50代や60代になってからも習い始める人が多いくらいです。30代はまだまだ若いため、「いまさら無理…」なんて諦めず、ぜひ再開したいと思ったタイミングで始めてみてください。

30代からピアノを再開して上達するコツと練習方法

30代からピアノを再開して、上達するためのコツと練習方法をご紹介します。

簡単な練習曲から弾き始める

以前習っていたときに弾けていた曲が、今ではもう弾けないという状態であれば、簡単な練習曲からスタートしてください。いきなり難易度が高い曲に挑戦してしまうと、弾きこなすまでに時間がかかって挫折することがあります。

練習曲なら鈍っていた指の動きも復活するので、最初に取り組むのにぴったりです。

自分の好きな曲も練習する

簡単な練習曲ばかり弾いていると、飽きてきてモチベーションが続かなくなることがあります。やる気を維持するには、練習曲とあわせて自分の好きな曲も少しずつ練習していきましょう。

ただし、好きな曲が難易度の高い楽譜だと、レベルが高すぎてまったく弾けないということも多いです。初心者なら、初心者向けに編曲(アレンジ)されている楽譜を選ぶといいでしょう。これなら憧れの名曲だって、早めに完成するかもしれません。

できるだけ毎日ピアノに触る

ピアノの練習は週末にまとめて3時間弾くより、20~30分でもいいので毎日弾いたほうが上達しやすいです。週末にまとめて練習しようとしても、指を動かしていないとつい感が鈍ってしまうものです。できるだけ毎日ピアノに触って、少しずつ上達できるようにしましょう。

しかし、30代は仕事や家事、育児に追われて日中にゆっくりピアノを弾くことができないという人も多いでしょう。マンションだと騒音が気になりますし、一軒家でも夜間は演奏できません。夜しか練習できない人は、電子ピアノにヘッドホンをつけて演奏してください。これなら外に音が漏れないので夜間でも練習できますよ。

独学でピアノを再開するのにおすすめな教材

30代でピアノを再開したいと思っても、忙しい人だと教室に通う時間がなかなか取れないでしょう。そんなときにぴったりなのが、独学でも弾けるようになる教材(教本・教則本)です。本のみ、またはCD付きの本だと、いまいちコツをつかみにくいため、DVD付き教材を使用しましょう。

30日でマスターするピアノ教本 3弾セット

自宅にいながらたった30日でショパンやベートーヴェンの名曲がスラスラ弾けるようになる教材です。楽譜が読めない超初心者でも弾けるよう工夫されているので、ある程度基礎が分かっている再開者なら、つまづくことなく習得できるはず。

このDVDではプロピアニストの手の動きをしっかり確認でき、上達するコツを動画で教えてくれるため、変な癖がつくことなくピアノをマスターできます。DVDなら繰り返し学習でき、自宅にいながらレッスンを受けているかのようです。

価格も教室に通うよりリーズナブルなので、あまりお金をかけたくない人にも最適。30日後にはショパンの「別れの曲」やベートーヴェンの「第九」、ホルストの「ジュピター」が弾けるようになっています。

▼教材の詳細はこちら

まとめ

30代からピアノを再開したい人は簡単な練習曲から弾き始め、毎日でもいいのでピアノに触ることが大切です。ピアノは指が動けばいくつになっても再開でき、年を重ねても弾き続けることができます。ぜひピアノを再開して、憧れの名曲を弾きこなせるようになってください。

▼「30日でマスターするピアノ教本(3弾セット)」の体験談はこちら

タイトルとURLをコピーしました