大人からもう一度ピアノをやり直したい!選ぶべき教室や教材とは

ピアノ

小さいころ習っていたけど、途中でやめてしまったピアノ。大人になってからもう一度ピアノをやり直したいと思っていませんか?今回は、ピアノを再開する方法、選ぶべき教室や教材・教本についてご紹介します。

大人からもう一度ピアノをやり直す方法とは

大人からもう一度ピアノをやり直すには、ブランクを埋めるためにピアノ教室に通うか、独学で習得するかどちらかの方法を選択します。いずれの方法を選んでも上達できるので、自分にあった方法を選ぶことが重要です。

ピアノ教室に通う

ピアノ教室の多くはマンツーマンの個人レッスンです。教室に通うことで小さいときよりもっといろんな曲が弾けるようになるかもしれません。

大人向けピアノ教室はたくさんあり、定期的に通い続けられる近所のピアノ教室を選ぶのがベターです。大人は仕事や家事で忙しいため、習い事に通う時間を捻出するのが難しくなってしまいますが、通いやすい場所にある教室を見つけることで負担を感じることなく継続できます。

ピアノ教室では以前習っていたことを話し、どんな曲が弾けていたのかを説明することであなたに合った教育カリキュラムを先生が組んでくれます。

もし大人になってから弾きたい曲が出てきた、憧れの曲があるという場合は先生に相談してみてください。その曲が弾けるようになるために、どんな練習をすればいいのか具体的にアドバイスをくれるでしょう。

独学で習得する

以前ピアノを習っていた人は、ピアノの前に座るときの姿勢や楽譜の読み方、手の形などピアノを演奏する上で最低限知っておきたいことは身に付いているでしょう。そのやめ、独学でも十分上手くなることができます。

独学だと楽器と教材(教則本・教本)、楽譜があればすぐに始められるので、ピアノを弾きたいと思ったときに気軽に練習できるのがメリットです。楽譜も先生が指定した曲ではなく、自分の好きな曲をセレクトできます。

忙しい人でもスキマ時間を活用すれば十分練習時間を確保でき、もしかしたらピアノ教室に通うよりも最短距離で上達するかもしれません。

どんなピアノ教室を選べばいい?

ピアノ教室に通いたい人向けに、どんなピアノ教室を選べばいいのか具体的にお話しします。

先生との相性がいい教室

ピアノ教室に通い続けるうえで、一番重要なのは先生との相性です。先生との相性がよければピアノ教室に通うのが楽しみになるので、長く続けられます。

先生の前で演奏するときは肩の力を抜いてリラックスしながら演奏できますし、先生からのアドバイスも積極的に受け入れられます。

さらにピアノ教室に通っている間は、自宅でのレッスンが欠かせません。次回ピアノ教室に行ったときにどれくらい上手くなっているのか、練習の成果を先生に見せるため「自宅練習もサボれないな」とモチベーションアップにつながります。

先生の相性は意外と重視されていませんが、実はピアノ上達にものすごく影響を与える要素なのです。先生と相性が合うかどうかは、先生の雰囲気や話し方などパッと見で判断してかまいません。

最終的な目標を達成できる教室

大人からもう一度ピアノをやり直したいと思ったあなたは、ピアノを弾く目標が何かしらあるはずです。ショパンの名曲を弾きたい、友人の前で1曲披露したいなど具体的な目標を思い出してみましょう。

ピアノ教室を選ぶときは、その目標が達成できそうな教室を選ぶことが大切です。例えば、弾きたい曲があるのに先生が選んだ曲しか弾けない、グループレッスンなので自分の上達アップにつながる練習はできないといったケースもあり得ます。

先生との相性が合うかどうか、目標達成機できるかどうかは、体験レッスンに行くと簡単に確かめられます。体験レッスンに足を運ぶと、教室の雰囲気や教育カリキュラムなどが分かるためぜひ契約前に下見に行ってください。

☆おすすめ☆


どんな独学用教材を選べばいい?

独学でピアノをマスターしたい人が選ぶべき教材をご紹介します。

知っている曲が収録された教材

ピアノ独学用教材の中には、練習用の楽譜が何曲か収録されています。しかし、聞いたことがない曲やあまり好きではない曲だとひとりで弾いていても楽しくなくなってしまいます。

独学用教材を購入するときは、必ず収録曲を確認して知っている曲かどうかをチェックしてみてください。知っている曲であればどんなふうに演奏すればいいかなど表現方法もある程度イメージができているので、機械的な演奏にならずに表現豊かな演奏ができるようになります。

DVDがセットになった教材

DVD付き教材はプロ講師の手元を動画でチェックできるので、自宅にいながらピアノ教室に通っているかのようにレッスンを受けられます。動画を見れば、忘れていたことも瞬時に思い出す可能性があり、スムーズに独学練習に入れるでしょう。

ピアノ教室より格安なのでコストを抑えたい人にもぴったりです。

まとめ

大人からもう一度ピアノをやり直したい人は、途中で挫折しないようピアノ教室選びと教材選びにこだわりましょう。正しいやり方で練習すれば、上達している実感が得られるので弾く喜びを感じながらピアノを継続できます。ぜひ一生の趣味にしてくださいね。

▼たった30日でショパンの「別れの曲」が弾けた独学ピアノ体験談はこちら

タイトルとURLをコピーしました