本気の人だけ必読!大人が本格的にピアノを弾くためにしたいこと

ピアノ

大人になってから本気でピアノを習いたい人は、どんな練習を行えば上達できるのでしょうか。今回は本格的にピアノをマスターするために絶対やっておきたいことをご紹介します。初心者向けに解説しますので、まだ何も始めていないという人も参考にしてください。

大人から本格的にピアノを始めるにあたって

大人からピアノを始める場合は、なぜピアノが弾けるようになりたいのか、どこまで上達したいのか目標を明確に決めてください。本気で上手くなりたい!と思っていても、趣味や自己満足程度に弾ければ十分な人もいれば、発表会で拍手喝さいを浴びたい人、プロピアニストやピアノの先生になりたい人もいるはずです。

ゴールを決めることで、その人にどれくらいの練習量が必要か、どんな練習をすればいいかが違ってきます。目標をあいまいにしたまま始めてしまうと途中で挫折しやすいので、ぜひ目標を決めてから練習に入ってください。

本気でピアノを始めたい人がまずやっておくべきこと

ここからは、本気でピアノをマスターしたい人が最低限やっておきたいことをご紹介します。

ピアノを買う

ピアノは繰り返し練習することで上達する楽器です。まずは自宅練習用のピアノを購入しましょう。

ピアノにはグランドピアノ、アップライトピアノ、電子ピアノ、電子キーボードの4種類があります。将来的にプロピアニストやピアノの先生になりたい人は、生のピアノ音が聞けるグランドピアノやアップライトピアノを購入したいところですが、値段が高く、置き場所として広いスペースが必要です。

生の音にこだわりがない人は、お手頃価格で買えて場所も取らない電子ピアノや電子キーボードを購入しましょう。その他必要なものは、以下の記事を参考にしてください。

ピアノの先生を見つける

プロピアニストやピアノの先生になりたい人、誰かに指導してもらいたい人は、ピアノ教室を探してみてください。全国にはヤマハのような大手音楽教室、個人の先生が開講しているピアノ教室がたくさんあります。

ピアノ教室には子ども向け、大人向けがあるので必ず大人向けを探し、さらに大人向けには初心者向けや中級者向けなどを設けているクラスもあります。自分のレベルにあった指導をしてもらえる教室を探してください。

▼お近くのピアノ教室検索・予約ならこちら

▼無料レッスンを受け付けているピアノ教室ならこちら

独学ならDVD教材で学ぶ

趣味としてピアノが弾けるようになりたい人は、独学もおすすめです。教室に通うよりコストがかからず、始めたいと思ったときにすぐ始められます。独学でピアノを習得する場合はDVD付きの教材(教本・教則本)を選びましょう。

DVD付き教材ならプロピアニストの手元を映像で確認できるので、教室に通わなくても正しい弾き方を覚えることができます。分からない箇所があったら繰り返しDVDを視聴し、あとはひたすら練習を繰り返しましょう。

本格的に上手くなるためのコツ

できれば短時間でスラスラピアノが弾けるようにようになりたい!と思っている人もたくさんいるでしょう。ここでは本格的に上手くなるためのコツをご紹介します。

毎回基礎練習をする

大人からピアノを始めた人、再開した人は指が思うように回らないと感じている人が多いです。指の回転は持って生まれた素質が原因ではなく、練習量を増やすことで解決します。

毎回好きな曲・課題曲を弾く前に5~10分ほど練習曲を弾いて指を鍛えましょう。ハノンやツェルニーなど練習曲は指使いの練習ができる曲が多いため、指の筋肉が鍛えられたり、体が温まってスムーズに弾けるようになったりとメリットがあります。

毎回ウォーミングアップしてから課題曲の練習に入ってください。

お手本を聞いて耳で演奏の仕方を覚える

課題曲はプロピアニストやピアノの先生が弾いている音源を聞いて、耳から弾き方を盗むこともできます。自分が挑戦している楽譜通りに弾いている音源を探し、繰り返し聞いてみてください。強く弾いたり、テンポを落としたり、歌うようになめらかに弾いたり、聞いていて何かしらピンとくる表現方法があるはずです。

プロの演奏から盗んだコツを自分の演奏に生かせば、機械的な演奏方法を卒業でき、あなた自身の表現の幅が広がります。

人に演奏を聴いてもらう

独学で練習していて普段人に聴いてもらう機会がない人は、ぜひ家族や友人の前で演奏しましょう。客観的な立場で聴いてもらうことで、おかしい箇所があれば気づいてもらえます。

恥ずかしい人は自分の演奏を録音して、他人の立場になって聞いてみるという方法でもOKです。

まとめ

本格的にピアノが上手くなりたいときは、目標を決めるところからスタートさせます。あとはピアノを購入したり、先生や教材を探したりしてひたすら練習あるのみです。楽器はスポーツのように繰り返し練習することで上達します。ぜひ継続してピアノを続けていってください。

▼たった30日でショパンの「別れの曲」が弾けた独学ピアノ体験談はこちら

タイトルとURLをコピーしました