ピアノ初心者向け!独学でも左手がスラスラ弾ける練習法とは

習い事ランキング

右利きの人は、どうしてもピアノを弾くときに左手の指がうまく回らなくて苦手意識を抱えてしまうのではないのでしょうか。とくにピアノ初心者で、独学でピアノを練習している人ほどどんな練習をすればいいのか分からないという人が多いかもしれません。そこで今回は左手をスラスラ弾くためのコツについてご紹介します。

左手が上手に弾けない理由

まずは左手で上手く弾けない理由について探っていきましょう。

右手練習ばかりしている

ピアノの教本・教則本に掲載されているチェルニーなどの練習曲は右手メインの曲が多く、同じ曲ばかり練習していると、どうしても左手の練習量が少なくなってしまいます。本人は一生懸命ピアノの練習をしているつもりでも、実は右手重視の練習法になっているのです。

左手に苦手意識を持っている人は、両手で弾けるようになる前に左手だけでスラスラ弾けるようになるまで重点的に練習する必要があります。右手練習ばかりしていた人は、同じように左手練習を繰り返すだけで上達する可能性がありますよ。

薬指と小指が動かせていない

親指、人差し指、中指は上手く動かせるのに、薬指と小指は指が回らないという人は意外と多いです。人間の手は、そもそもすべての指を独立させて動かすのに向いておらず、日常生活でも薬指だけ、小指だけを使うシーンは少ないはずです。

薬指と小指が上手く動かせるようになるためには、左手で繰り返し練習することが一番です。そのためには、正しい指使いや手の格好をマスターしておくことは必須なので、一度教則本に戻って基礎を学習したうえで左手練習に臨みましょう。

左手がスラスラ弾ける練習法

ここからは、具体的にどんな練習をすればいいのか見ていきましょう。

左手だけゆっくり弾く

左手練習をするときは、いきなり右手と左手をあわせて弾くのではなく、左手だけでピアノを弾きます。原曲のスピードにあわせて弾こうとすると、ミスタッチを招いてしまうので、まずは確実に弾ける速度までテンポを落とし、ゆっくり弾いてみてください。

超スローリーテンポでもかまわないので、1音1音を丁寧に弾くことを心がけるのがコツです。練習時は、一小節ごとなどキリのいい箇所で区切りながら少しずつ弾きます。間違えずに弾けるようになったら、徐々にテンポを上げて原曲と同じスピードでもスラスラ弾けるようにしましょう。

ゆっくりとした演奏方法ややり方のコツは、以下の記事でもご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

メロディを歌いながら弾く

左手は多くの楽曲では伴奏パートです。そのため、左手だけを弾いていると退屈に感じることがあります。左手だけ弾くのはつまらないと思ったときは、右手のメロディーを口ずさみながら弾いてみてください。

すると、楽しいだけではなく右手とあわせたときにどんな演奏になるのかイメージができ、両手をあわせたときもスムーズに弾けるようになります。

よく間違える箇所は繰り返し練習する

楽譜通り弾いていて、よく間違える、途中でつまずいてしまう箇所は、スラスラ弾けるまで繰り返し練習してみてください。練習の段階でつまずく箇所は、両手であわせて弾くようになってもやっぱり上手く弾けないままになってしまいます。

上手く弾けないところを、できるだけピンポイントに絞って反復練習しましょう。上手く弾けるようになったら、少しずつ範囲を広げて該当のフレーズがなめらかに弾けるようになるまで練習します。

左手の演奏がもっと上達する方法

左手演奏の苦手意識を克服したら、もっと上手に弾ける練習を試してみましょう。

テンポを上げて弾いてみる

メトロノームを使って、少しずつテンポを上げて弾く練習法をやってみましょう。テンポを自在に変えられるようになると、指が速く回るようになったり、ゆとりができるので表現に集中できたりとメリットがたくさんあります。

まずはメトロノームを現在弾いているテンポに設定して、ひと通り弾きます。ミスタッチなく弾けたら、1つだけ速度を上げて弾けるかどうか試してみましょう。そうやって徐々にテンポを上げていくと驚くほどスラスラ弾けるようになります。

録音して聴いてみる

自分の演奏を録音してみると、客観的な視点で自分の演奏を聴くことができます。思ったよりテンポが遅い、音がぶつ切れになっているなど、今まで気づかなかった欠点が見えてきます。

とくに独学でピアノを練習している人は、客観的な立場で間違いを指摘してくれる人がいないので、録音してみることのは大いに独学練習を助けてくれます。

まとめ

世の中には右利きの人が多く、ピアノ初心者は大人も子どもも左手の演奏に苦手意識を持っている人が多いです。しかし、左手を重点的に練習することで少しずつ上達します。両手で上手に弾けるようになると、初心者でもびっくりするほど感動的な演奏ができるので、ぜひ諦めずに練習を続けて行ってくださいね。

▼たった30日でショパンの「別れの曲」が弾けた独学ピアノ体験談はこちら

タイトルとURLをコピーしました