主婦がピアノを再開する方法!おすすめの教室はどこ?

ピアノ

専業主婦や兼業主婦が小さいころ習っていたピアノを再開するには、いったい何から始めればいいのでしょうか。今回は、ピアノを再開したい主婦のために簡単にできる再開方法とおすすめの教室についてご紹介します。

主婦がピアノを再開するには

小さいころピアノを習っていた主婦は、ふとしたきっかけでまたピアノを再開してみようかな?と思うときがありますよね。家事や仕事の合間に練習時間が取れるようなら、ぜひこの機会に再チャレンジしてみましょう。

再開したばかりのころは指先の感覚が鈍っているため、以前よりもスラスラ弾けなくなっていることに気づきます。しかし、地道に練習を重ねることで徐々に感覚が蘇ってくるので以前より上達することは可能です。ぜひ諦めずに練習を始めてください。

主婦がピアノを再開する方法は、独学、ピアノ教室の2パターンがあります。次の項目からそれぞれのメリットや始め方について解説します。

主婦が独学でピアノを再開する方法

独学のメリット

独学は始めたいと思ったときに気軽にスタートできるというメリットがあります。ピアノ本体と教則本・楽譜を用意するだけなのでお金がかからず、節約したい人にもぴったりです。

教室のように毎週レッスンに通う必要がなく、家事や仕事の合間など隙間時間を活用して練習できます。さらに自分の好きな曲を選べるため、趣味の範囲で自由気ままに練習したい人にも適しています。

独学でピアノを再開する手順

独学でピアノを再開するためには、ピアノ本体と楽譜を用意します。

ブランクが長い人は、基礎をおさらいするためピアノの弾き方や上達方法について詳しく書かれた教則本を用意し、ひと通り目を通すといいでしょう。記号や符号の意味、楽譜の読み方、ペダルの踏み方など、ちょっとしたことを忘れている可能性があります。

教則本は紙の本でもいいですが、視覚から学べるDVD付き教材だと分かりやすいので効率よく学習できます。

主婦が独学で再開するときのポイント

簡単な曲から練習を再開する

以前は難しい曲が弾けていた人も、ブランクがあると弾けなくなっていることがあります。まずは1曲が短く、余裕をもって弾けそうな曲から練習を再開しましょう。

ピアノの教則本に載っている初心者向けの曲なら、再開者もスラスラ弾けるはず。まずは指慣らしをかねて簡単な曲を練習し、少しずつレベルを上げてください。

目標を設定しておく

独学でピアノを練習していると、途中で挫折したり、練習をサボってしまいたくなったりします。途中でやめないよう、始める前に目標を決めておきましょう。目標があれば、達成するためにどんな練習をどれくらいすればいいのか明確に分かります。

ゴールを決めておくことでモチベーションを維持でき、楽しみながら練習できるでしょう。

主婦が習い事教室に通って再開する方法

習い事教室のメリット

ピアノの習い事教室はマンツーマンで指導してくれるクラスが多く、間違った箇所を指摘してもらえる、いつでも質問できるというメリットがあります。自分のレベルにあったレッスンが受けられ、発表会に出る機会も与えられるでしょう。

気分展開に外に出かけて人とおしゃべりしたい、直接指導してもらいたい人に向いています。

習い事教室に通って再開する手順

習い事教室に通いたい人は、自宅や職場から通いやすい教室を探しましょう。大人向けレッスンを開講しており、万一予定が入っても他の日に変えられる教室だと忙しい主婦でも通えます。

また、無料体験レッスンに参加すると指導方針や教室の雰囲気、先生との相性を確かめることができます。一度入会してしまうと月謝のほかに入会金や楽譜代、発表会出演のための積立金などさまざまな費用がかかる恐れがあります。入会後に後悔しないよう、じっくり吟味してください。

主婦におすすめのピアノ教室

EYS音楽教室



全32種類の楽器やヴォーカルコースのなかから選べる音楽教室です。ピアノはクラシック、ジャズ、ポピュラーの3コースがあり、弾きたい曲でクラスを選べます。無料補講サービス付きで、スケジュール変更によりお休みしがちな人も安心。無料体験レッスンも実施しています。

シアーミュージック




全国にスタジオがあり、ピアノやギターなどさまざまな楽器が学べる教室です。はじめにヒアリングとカウンセリングを行い、これまでの練習期間や発表会出演経験の有無など、目標などを伝えることであなたにあったカリキュラムを組んでくれます。

スキルチェックで現状を先生が理解したうえでスタートできるため、再開したい人にぴったり。

まとめ

主婦がピアノを再開するには、独学、ピアノ教室のいずれかの方法で始めます。どちらを選んでも上達するので自分に合ったほうを選択してくださいね。

▼たった30日でショパンの「別れの曲」が弾けた独学ピアノ体験談はこちら

タイトルとURLをコピーしました