初心者がピアノを独学で学ぶと下手に聴こえる?上手くなる方法とは

ピアノ

ピアノは教室に通って学ぶ人が多いので、あなたも「独学だと上手くならないんじゃないか?」「弾けるようになっても下手なように聴こえるんじゃないか?」と思っていませんか。今回は独学でピアノを始めようとしている初心者のために、独学で上手くなる秘訣についてご紹介します。

独学で学ぶと下手に聴こえるって本当?

ピアノを独学で学んだ場合、上手に聞こえるか下手なように聴こえるかは個人差があります。YouTubeには独学でピアノをマスターしたという人の動画があるので、いくつか見てみましょう。

どの方も、本当に上手ですよね。本人が言わないと、独学なのかピアノ教室に通っていたのかは分からないほどだと思います。

一方、独学でピアノをマスターした人の中には、確かに下手というか、雑に聴こえる人もいます。これは、間違った弾き方をしていたり、変な癖がついたりしているのに本人が気づいていないためです。

ピアノ教室に通っていると先生が指摘してくれるのですぐに間違いに気づきますが、独学で誰にも聞かせず演奏していると、誤りに気づくことができません。そのため独学でピアノを弾いている人の中には、下手な演奏、雑な演奏のように聞こえるケースがあるのです。

独学でも上達する方法とは

独学でも正しい練習法を実践すれば、ピアノ教室に通わなくても上手くなります。

正しい弾き方を覚える

独学でピアノを学ぶときは、いきなり自分の好きな曲の楽譜を弾き始めるのではなく教則本でピアノの弾き方の基本をマスターしてください。

ピアノの前に座るときの姿勢、手の形、指使いなど最低限身に着けておきたいことを適当に学習してしまうと、変な癖がついたり、上手に弾けなくなってしまいます。教則本は、自分が気に入ったものを1~2冊用意できれば十分です。

紙の本だけでは理解しにくい箇所もあるので、視覚からも学習できるDVD付きの教本がおすすめです。

練習曲を何度も弾く

独学でピアノを始めると、自分の好きな曲を早く弾きたくて練習曲をいいかげんに済ませてしまう人がいます。練習曲を繰り返し練習することで、指がなめらかに動かせるようになったり、弾き方を感覚でつかめるようになったりするので、初心者は好きな曲を弾く前に練習曲に挑戦しましょう。

スラスラ弾けるようになった後も、繰り返し弾くことで表現力が磨かれていきます。

演奏を人に聴いてもらう

1曲スラスラ弾けるようになったら、ぜひ家族や友人に聴いてもらってください。素人であっても変な弾き方をしていればすぐ分かるので、率直な意見を言ってもらいましょう。

聴いてくれる人が身近にいない場合や、人前で披露するのが恥ずかしい場合は、自分の演奏を録音して客観的に聴いてみます。演奏中は弾くことに一生懸命になっていますが、録音した演奏を聴いてみると、テンポが遅い、強弱の付け方がイマイチなど欠点に気づきやすいです。

プロが弾いているお手本と聞き比べてみることで、どこをどんなふうに改善すればいいのか見つけやすくなるので、ぜひ聞き比べも試してみてください。

初心者が独学でピアノを弾くメリット

独学には、ピアノ教室とは違ってこんなメリットがあります。

マイペースで練習できる

いつどれくらい練習するのかなどを自分で決め、マイペースでピアノ練習を続けられます。体調が悪いときややる気がでないときはお休みしたり、休日に空いた時間が多ければ集中的に練習したり、自分の体と心のコンディションにあわせて練習をすすめられるのです。

また、ピアノを始めたいと思ったときに楽器さえあれば即スタートできるため、気軽に始められるというメリットもあります。もちろん最初は独学で始めたけど、途中でやっぱり教室に通いたいと思ったときはそこからピアノ教室に通うこともできます。

自分の好きな曲を演奏できる

独学ではどんな曲を弾くのか自由に決めることができます。練習曲にはバイエルやブルグミュラーなどの定番曲だけではなく、自分が知っている曲を選ぶことも可能です。

ピアノ教室では弾く曲を先生が指定するので、自分の好きな曲の練習に取り掛かるまでに数年かかる場合もあります。しかし、独学では練習曲がスラスラ弾けるようになったらすぐにでも好きな曲にチャレンジできるのです。

コストを削減できる

ピアノ教室に通うと入会金や月謝、楽譜代、交通費などのコストがかかります。レッスン費用は1回3,000~4,000円が相場で、月2回通っても月6,000~8,000円の出費となります。

独学だと教則本と楽譜だけしかかからないため、かかる費用を大幅に削減できます。費用をできるだけ抑えたい人は、独学から気軽に始めてみましょう。

まとめ

初心者が独学でピアノ練習を始めると、個人差や練習の質によっては下手に聴こえてしまいます。しかし、正しい練習法を繰り返した人は、独学なのか教室に通っていたのか分からないほど上手に弾いています。ぜひ、家族や友人に聴いてもらったり、録音して客観的に自分の演奏を聴いたりして、少しずつ自分の演奏に磨きをかけていってください。

▼たった30日でショパンの「別れの曲」が弾けた独学ピアノ体験談はこちら

タイトルとURLをコピーしました