サックス初心者の独学におすすめ!教本(教材・教則本)まとめ

楽器のおすすめ教材

バンドや吹奏楽、ソロ演奏でもかっこいいサックス。「初心者だけど独学で演奏できたらいいな」「もっと上達したいな」と思っていませんか?基礎から上達法まで網羅した教材があれば、きっと今以上に上手に吹けるはずです。今回は サックス初心者におすすめの独学用教本(教則本)をまとめてご紹介します。

初心者向け!サックスの人気&おすすめ教本(教則本)

まずは書店やAmazonで購入できるおすすめの教材を厳選しました。

うまくなろう!サクソフォーン


超初心者向けのサックス教本で、楽器の種類や組み立て方、構え方、指の動かし方といった基礎知識が学べます。演奏の仕方では、ロングトーンやタンギングのコツ、ヴィブラートの練習方法まで解説されており、リードの選び方まで教えてくれます。

表現の幅の広げ方まで教えてくれるので、上級者になっても手放せない1冊になりそうです。

パワーアップ吹奏楽! サクソフォン


楽器の持ち方、組み立て方、手入れの仕方、呼吸の仕方、リードの取り扱い方法など、基本的なことを解説した入門書です。ロングトーン、タンギング、フィンガリングもバッチリ教えてくれます。

さらに、音域を広げたい、より早いタンギングを習得したいなど目的にあわせた練習方法についても書かれています。主に吹奏楽 でサックスを演奏する方人におすすめです。

耳からも学習しよう!CD付きの教本(教則本)

CD付きで耳からも学習できるおすすめ教本をご紹介します。ここで紹介している本は、実際に初心者向けの曲を演奏してみたいという人に最適です。

アルト・サックスのしらべ[新装版]


模範演奏とマイナスワンを収録した2組のCD付きブック。「ムーン・リバー」などの映画音楽、ポップス、ジャズ&ボサ・ノヴァ、パーティで演奏すると喜ばれる「ルパン三世のテーマ’78」や「ハッピー・バースデイ・トゥ・ユー」など1度は吹いてみたかった名曲18曲が収録されています。

楽譜の前に演奏時の注意点などが書かれてあるので、構え方や演奏方法などの基本が分かれば初心者でも多彩な演奏を楽しめます。

一生使えるサックス基礎トレ本 サックス奏者のためのハノン


ロングトーンやタンギング、指の使い方など楽器上達の上で欠かせないエクササイズが紹介された基礎トレーニング本です。CDが2枚付属されており、教本からもCDからも学習できます。曲を1曲完成させる前に、基礎トレーニングをしっかりしておきたいという人におすすめの教材です。

完全独学で名曲が演奏できる!教本&DVDセット

完全に独学で基本中の基本を学び、かっこいい曲が演奏できるまで上達したいという人はDVD付き教本がおすすめです。プロの演奏時の指使いや演奏のコツが丸わかりなので、教室に通うよりもリーズナブルにマスターできます。

[サックス3弾]歌うだけでぐんぐん上達する「初めてのアルトサックス講座」3弾セット

楽譜が読めない超初心者でも、憧れの名曲が演奏できる人気教材です。ほかの教材では非常識と言われた”歌うことから始める演奏方法”というオリジナルなメソッドが解説されており、音楽の知識がなくても楽しみながら学べます。

基本の指使い、初心者が陥りやすい失敗克服方法、表現方法を磨くテクニックなど技術的なことはすべてマスターでき、レッスン終了時には次の曲が演奏できるようになっています。

・聖者の行進
・オーラ・リー
・北の国から
・ムーン・リバー
・いとしのエリー
・サマータイム(ジャズのスタンダードナンバー)
・ルパン三世のテーマ’78

短期間でまったくの初心者から上級者に一気にステップアップしたい人におすすめの教材です。

▼教材の詳細はこちら

「音楽経験ゼロでもできる初めてのアルトサックス講座」 第1弾のみ


上記の3弾セットは1弾、2弾、3弾のセットでしたが、こちらは第1弾のみの教本&DVD教材です。楽器の組み立て方や吹き方、スラーという演奏方法など基本部分のみ習得したい人向けです。

第1弾のみのコースは、「聖者の行進」と「オーラ・リー」の2曲演奏できます。

▼教材の詳細はこちら

まとめ

サックスは演奏できるようになるとソロやバンド演奏、吹奏楽などさまざまなシーンで生かせます。レッスン教室に通うよりも独学で習得したいという人は、ぜひ教本(教材・教則本)を手元に置いておくことをおすすめします。

まるでプロみたいに演奏できる日を夢見て、練習しましょう!

タイトルとURLをコピーしました