ウクレレの種類の違いと初心者におすすめのタイプとは

ウクレレ

ウクレレにはさまざまな大きさ、形状があり、音質が異なります。初心者だとどんな楽器を買えばいいのか迷ってしまうでしょう。そこで今回は、ウクレレの種類の違いと初心者におすすめのタイプについて解説します。

ウクレレの歴史

まずはウクレレの歴史からご紹介します。

ウクレレはポルトガル生まれ

ウクレレはハワイの楽器として知られていますが、実はポルトガルからやってきました。1879年にポルトガルの移民船で、現在のウクレレの原型となったポルトガル楽器・ブラギーニャがハワイに持ち込まれたのが由来です。

ブラギーニャはその後、ハワイ特産のマホガニーやハワイアン・コアといった木材で作られ、改良されて現在のウクレレになりました。ハワイ王朝末期・カラカウア王ら王族はウクレレを自分で演奏して、ハワイの楽器として宣伝したことからハワイ中に広がりました。

元々はハワイアンの伴奏楽器でしたが、ソロ楽器としての情報も確立され、今ではハワイアンだけではなくクラシックやポップス、ジャズなど他のジャンルでも使用されています。

ウクレレの名前の由来

ウクレレの「ウク」はハワイ語で「ノミ」、「レレ」は飛び跳ねるという意味があります。演奏の様子が飛び跳ねるノミに似ているというところから名付けられたという説があります。

また「ウク」には「贈り物」、「レレ」には「やってくる」という意味もあり、ポルトガルからハワイに行ってきた贈り物とする説もあります。

ウクレレの種類の違い

ウクレレは大きさや形状の違いによって、使われ方や音が違います。それぞれの特徴を見ていきましょう。

大きさ

ウクレレを大きさで分類すると4つに分けられます。小さい方から順番にソプラノ、コンサート、テナー、バリトンです。それぞれ演奏方法によって使い分けられています。

一番小さいソプラノは軽快な音が鳴るのが特徴で、歌の伴奏に向いています。軽くて持ちやすいので、弦楽器の経験がない初心者にもおすすめです。

コンサートはソプラノと比較すると一回り大きい楽器で、深みのある音がなります。ソロ演奏にぴったりなので、こちらも初心者に適しています。

テナーは迫力のある音が出るのが特徴的で、本場のハワイでは一番人気があります。プロの奏者が使うことが多く、ソロ演奏やバンドで使いたい人にぴったりです。

バリトンはウクレレよりもギターに近い楽器です。他の3つのウクレレとはチューニング方法が異なり、低い音も出ます。そのためアンサンブルでよく使用されます。

ボディの形

ウクレレをボディの形状で分類すると、スタンダード型とパイナップル型があります。スタンダード型はギターのようなルックスで、上部にくびれがあるのが特徴です。

パイナップルはパイナップルのような形をした楕円形です。スタンダード型はシャープな音質で、パイナップル型は柔らかな音質で知られています。またボディが三角形、四角形をしたちょっと変わったウクレレもあります。

初心者におすすめのタイプ

楽器専門店に足を運ぶと様々な種類のウクレレがあり、価格も数千円から数十万円まで開きがあります。初心者だとどのウクレレを選んだらいいか戸惑ってしまうでしょう。

もし周囲にウクレレに詳しい知人や教室の先生がいれば、同行してもらって一緒に選んでもらうのがおすすめです。できない場合は楽器店の店員に予算を伝えて何本か選んでもらうといいでしょう。

大きさと形

初心者は、ソプラノまたはコンサートのスタンダード型のウクレレがおすすめです。歌の伴奏、ソロ演奏、バンドなど使い方にあわせて決めてもかまいません。

材質

ウクレレは使用している材質によって、見た目と音質が変わります。ウクレレによく使われるのは「ハワイアン・コア」と「マホガニー」です。ハワイアン・コアはウクレレらしいコロコロした音が鳴り、マホガニーは温かみのある音が鳴ります。

ウクレレメーカーによっても音が違うので、気になる楽器を数本選んだら実際に店員に弾いてもらって音を確かめて選ぶといいでしょう。

値段

最近は1万円以下の格安のウクレレもありますが、チューニングが難しかったり音が安定しなかったりして演奏には向いていないものもあります。初心者だと識別するのが困難なので、2~3万円くらいのものを選ぶのがおすすめです。

すぐに始められる初心者セット

楽器店に行くと数多くの楽器があり、初心者は楽器選びから戸惑ってしまいます。楽器を用意したら次は教室探しや教本選びが始まります。そこでおすすめなのが、楽器と教則本がセットになった教材です。楽器も教則本も初心者向けに作られているので、楽器に触ったことがない人でもすぐにスタートできます。

さらに、DVD付き教材なら教室に通わなくても自宅でプロのレッスンが受けられ、教室に通うのが大変な人、時間がない人に最適です。

ウクレレ講師の古川先生が解説する『初心者向けウクレレ講座』は楽譜が読めない初心者でも短期間で曲が演奏できるよう編集されています。ハワイアンだけではなく「ルージュの伝言」や「翼をください」「贈る言葉」など知っている曲が多数収録されており、楽しみながら演奏できます。

楽器セットには楽器本体だけではなく、専用ケース、チューナー、ストラップなど小物もついています。

▼詳細はこちら

まとめ

ウクレレには種類があるので、初心者はソプラノまたはコンサートのスタンダード型のウクレレを選びましょう。どれを選べばいいのか迷ったときは、初心者向けの楽器と教材がセットになった初心者講座がおすすめです。ぜひウクレレを用意して、自分で好きな曲を演奏できるようになりましょう。

タイトルとURLをコピーしました