ウクレレ初心者がうまくなるには?意外な上達方法について

ウクレレ

ウクレレ初心者がうまくなるには、上達方法を学ぶことが大切です。しかし、初心者だからこそ見落としている基本があり、この基本をマスターするだけでびっくりするほど上手くなることがあります。今回は、ウクレレ初心者がうまくなる意外な上達方法についてご紹介します。

ウクレレ初心者がうまくなるには楽器の持ち方が重要だった!

楽器の演奏を始めると、多くの初心者が譜読みや楽器の演奏方法に時間を割きます。しかし、それ以上に重要なのは楽器の持ち方です。楽器の持ち方が間違っていると、どんなに正しい練習を重ねても、テクニックを学んでも思うように指が回らなかったり、手が痛くなったりしてしまいます。

ときどき鏡を見ながら、正しい持ち方になっているかを確認して、いつもきれいなフォームで演奏できるようになりましょう。

ウクレレの持ち方は、「抱えて弾く方法」と「座って太ももの上に乗せる方法」の2種類があります。次の章からは、ふたつの持ち方についてご紹介します。

抱えて弾く場合の持ち方

胸と右肘の内側とで、ウクレレの下の部分を挟むように抱えて持ちます。左手は小さく前ならえをするような形にして、左手の人差し指の付け根をヘッドに乗せてください。親指はネックに添える程度で、ヘッドを前方へ出して抱えます。

この状態だと、ボディとヘッド両方が体で支えられているので上から見ると体、腕、ウクレレが三角形を作っているような形になります。

正しく持つと力を入れなくても楽器が安定し、楽器の持ち方に気を取られたり、両手が動きにくくなったりすることがありません。抱える場合は肘に力を入れすぎないようにして、ソロ演奏をする場合は右手の薬指と小指で軽くボディを支えるといいでしょう。

座ったときの持ち方

座って演奏する場合は、抱えて弾くときと同じ持ち方でもかまいませんが、太ももの上に楽器を乗せて演奏することもできます。脇を締めすぎず、背筋を伸ばして座ったら、肩を上げないよう注意します。

楽器を太ももの上に置くとウクレレの指板が見えなくなりますが、本来はそれが正しいフォームです。指板が見えなくても自分の方向に向けたり、猫背にならなったりしないよう注意しましょう。ウクレレのフォームが崩れると、手の形や位置がおかしくなり指がうまく立たずに美しい音が出なくなります。

指板を見ようとするよりも、見えないのが当たり前と思って練習するのがおすすめです。初心者でどうしても見えないと演奏しづらいという場合は、上から覗き込むようにして弾くと簡単です。

ウクレレを抱えるときはストラップを使う人もいますが、ストラップを短くしすぎると楽器のボディが体に密着して、左手のフォームが崩れ演奏しにくくなってしまいます。ストラップを使用するときは長さに注意しましょう。

正しいフォームを身につける秘訣

楽器の持ち方を覚えても、練習中は曲を正しく演奏することに気を取られてフォームが崩れてしまうことがあります。そこで無意識でも正しい持ち方、フォームで演奏できるよう習い始めたばかりのころに体に叩き込んでおくことが重要です。

間違ったまま覚えると、後で修正するのが大変なので習い始めたばかりの初心者ほど早めに癖をとっておきましょう。

テニスやゴルフでも素振りをしますが、あれは正しいフォームを体に覚えさせる効果があります。複雑な動きでも繰り返し練習すれば、小脳が一連の動作として覚えてくれるので、結果的に意識しなくても自動的に正しいフォームが完成するのです。

練習するときは自分を客観視することが大切です。正しいフォームになっているかどうか自信がない場合は鏡の前で練習したり、動画に撮って後で見返したりしましょう。回数だけをむやみにこなすと間違ったフォームを覚えてしまう恐れがあります。

正しい持ち方はどうマスターすればいいの?

身近にウクレレが弾ける人がいる、ウクレレ教室に通っている人は、うまい人のお手本を見てフォームを覚えてください。上手い人に自分の演奏を見てもらえば、間違った箇所を指摘してくれるので正しい持ち方、フォームを早い段階で習得することができます。

独学で練習すると間違ったやり方を習得してしまいがちですが、DVD付き教本など視覚で学べる教材があれば、ひとりでも大丈夫です。DVD付き教材ではプロが持ち方から丁寧に解説しており、文章で読むよりも効率よく学習できます。

独学で弾けるようになりたい人は、ぜひ教材を用意してください。

▼おすすめのDVD付き教材

まとめ

ウクレレ初心者がうまくなるためには、基本ともいえる楽器の持ち方をマスターすることがカギです。楽器の持ち方は音色の美しさや演奏のしやすさに直結するので意外と侮れません。ぜひ正しい持ち方をマスターして、上手に演奏できるようになってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました