ウクレレ初心者が覚えたい左手の使い方・練習方法

ウクレレ

ウクレレ演奏者の左手をじっくり見ると、あまり動いていないことに気づきます。上手な人は動きに無駄がなく、スムーズに指のチェンジを行うことでなめらかな音を出しているのです。今回はウクレレ初心者向けに左手の使い方と練習方法をご紹介します。ポイントを押さえることでもっともっと上達しますよ!

左手のフォーム

ウクレレを持つときはボディとヘッドを支えており、弦を押さえているときは左手の人差し指の付け根にヘッドが乗っている状態が理想です。弦を押さえる場所はフレットの真上ではなく、フレット寄りを意識しましょう。

必要以上に力を込めたり、弦を指板に押し付けたりする必要はありません。あくまでフレッドに軽く乗せるというイメージで弾くときれいな音が出ます。

Cコードの押さえ方

C のコードを弾くときは、左手を小さく前ならえするような形にして、左手の人差し指の付け根にヘッドを乗せましょう。手のひらは内側に向けます。そして親指はネック上部の側面に軽く添える程度にしてください。

肩や指の力を抜いて、脇は締めすぎないようにします。人差し指にヘッドが乗った状態で3フレット目を薬指で押さえてください。指の第1関節は軽く曲げ、指先で弦を押さえます。

指の先端は真上ではなく、自分の方向に向かっている状態が理想です。力を入れすぎて指が反り返ってしまったり、上を向いたりしている状態ではコードチェンジのときに楽器が不安定になって演奏しにくくなります。

力を入れすぎているとコードチェンジに時間がかかるので、適度に脱力して押さえられるようにしましょう。

コードチェンジのやり方

きれいな音を響かせ、なめらかに演奏するにはコードチェンジをマスターしましょう。

C→Fのコードチェンジ

C から F へのコードチェンジは、左手の人差し指の付け根にヘッドを乗せたまま行います。ヘッドが乗っている部分を意識しながら手のひらをネット側に寄せるようにすると、中指が立った状態で押さえやすくなります。中指が寝た状態だと弦に中指の腹が当たらないので、きれいな音が出ません。中指を立てたまま押さえることがポイントです。

F→G7へのコードチェンジ

C から F へのコードチェンジ同様、人差し指の付け根にヘッドを乗せた状態でコードチェンジします。人差し指は動かさず、そのままの状態で中指と薬指を乗せましょう。中指と薬指の先端が揃うように意識して押さえるのがコツです。

G7→Cへのコードチェンジ

人差し指と中指を外して、薬指を2フレット目→3フレット目に動かしてください。指板から指を離さず、スライドさせるようにして動かすのがポイントです。

左手の指の練習方法

指で弦を押さえるときは、一本ずつ独立して動かせるようトレーニングが必要です。日常生活の中で左手の指を一本ずつ動かすという機会はないので、左手の指の練習を繰り返し行うことが大切です。1日5分でもいいので、指先を独立して動かせるよう練習しましょう。

練習時のポイント

左手の指使いの練習をするときは無駄な動きをしないことが重要です。無駄な動きをしないためには、できるだけ指板から指を離さないように心がけましょう。使っていない指はなるべく指板の近くに置いておくとすぐに反応できます。

音がつながっているかのように滑らかに演奏するためには、音符の長さギリギリまで音を出すことが大切です。初心者はメトロノームを使いながら、音の長さに気をつけて演奏しましょう。

また左手の練習をしていると、手首や指が痛くなる場合があります。この場合は左手のフォームが崩れていることが多いので、ときどき鏡で確認しながらフォームを見直してください。どうしても手が痛いときは無理をして練習したりせず、休ませましょう。

左手練習のやり方

ウクレレの教則本・教本に載っている簡単な練習曲を弾きながら、何度も左手の指使いを体に叩き込ませてください。基本の練習方法を覚えたら、手を見ないで音と指先にだけ意識を集中させ練習してみましょう。

初めは左だけで練習して、慣れたら右の親指でも音を出します。直前の音をギリギリまで押さえるようにすると、初心者でも上手に聞こえます。ゆっくりのテンポでもかまわないので、焦らず練習しましょう。

また楽器を使わずに、ボールペンや右手の甲、腕などをネックに見立てて練習することもできます。これなら自宅だけではなく外出中も左手の練習ができますよ

まとめ

ウクレレ初心者は左手の使い方をマスターするのが上達のコツです。弾いていると手が痛くなる人は、左手のフォームに問題があるのかもしれません。教則本に戻って正しいフォームをおさらいし、鏡の前で練習してみてください。

タイトルとURLをコピーしました