ウクレレ習得は初心者でも独学でできる?練習方法について

ウクレレ

ウクレレ初心者は独学でも演奏できるようになるのか、教室に通ったほうがいいのかと迷いますよね。今回はウクレレの習得が独学でも可能なのか、どんな練習をすればいいのかについて解説します。

ウクレレは独学で習得可能?

ウクレレはギターなど他の弦楽器に比べて、指を動かす範囲が狭いので演奏しやすいのが特徴です。小さいからこそ持ち運びやすく、音がうるさくないためいつでもどこでも演奏できます。ウクレレはピアノやヴァイオリンに比べて教室が少ないのですが、独学でも十分習得可能です。(ピアノやヴァイオリンも独学で習得できるほどです)

近くにウクレレ教室があり、通ってみたい人は教室で練習してもいいでしょう。しかし、できるだけお金をかけたくない、教室に通うのが大変、面倒だという人は独学で始めてみませんか?教室とは違って自分の演奏したい曲を選べるので、早くあこがれの曲が弾けるようになりますよ。

ウクレレを独学でマスターするための始め方

ウクレレを独学で習得するためにやることはたった二つです。まずは楽器を購入して、教則本・楽譜を用意しましょう。

楽器を買う

はじめに楽器店に行ってウクレレを購入しましょう。ウクレレには形の大きさによって種類が異なり、小さいほうから順にソプラノ、コンサート、テナー、バリトンの4種類があります。

数千円から数十万円までする楽器がありますが、初心者は2~3万円くらいのソプラノまたはコンサートがおすすめです。1万円以下の安いウクレレはチューニングしても音程が合わないことがあるので避けたほうが無難です。

楽器本体とあわせて、ウクレレケースや楽器を磨くためのクロス、チューナーなどの備品も購入してください。

教則本・楽譜を買う

ウクレレの持ち方や演奏方法を習得するためには、教則本(教材・教本)が欠かせません。まずはウクレレ演奏の基本が書かれた教則本を購入して、基礎を覚えましょう。

教則本には初心者向けの楽譜が収録されており、教則本を一冊購入すればそのまま曲の練習や習得ができます。収録されている曲をチェックして、できるだけ自分の好きな曲が入っているものにすると飽きずに練習できますよ。

また教則本には DVD 付きの教材もあります。DVD では楽器を構えるときの角度や指を置く位置など写真やイラストでは分からない所まで見れるので、本だけで学習するより効果的です。

ウクレレ超初心者で、独学でうまくなれるか自信がない、うまくなるコツまでしっかり学びたい人はDVD付き教材を選びましょう。

▼おすすめのDVD付き教材

▼初心者向け楽器とDVD付き教材のセットはこちら

ウクレレの練習方法

ここからはウクレレの練習方法を順番にご説明します。

持ち方を覚える

ウクレレは最初に正しい持ち方を覚えることが重要な楽器です。間違った持ち方をしていると楽器が安定せずに動いてしまって、弦を押さえられなくなったり手が痛くなったりしてしまいます。まずは正しい持ち方を覚えて、楽器がグラグラしないように演奏できるようにしてください。

コードをマスターする

ウクレレにはコード(和音)があります。まずは基本のコードを覚えてすばやく押さえられるようにしましょう。

覚えておきたい基本コードの一つ目は C コードです。薬指一本で簡単に弾けます。 F コードは人差し指と中指で押さえるコードです。離れた弦を押さえるので最初は難しいかもしれません。

G 7コードは人差し指、中指、薬指の3本で弦を押さえるコードです。難しい印象を受けますが、3本の指が近いので意外と簡単に押さえられます。 C 7コードは C コードと同じく人差し指一本で押さえるコードです。明るいサウンドで抑揚をつけることができます。

練習曲を繰り返し練習する

ウクレレ初心者向けの練習曲には、簡単なコードを覚えるだけですぐに演奏できる曲があります。まずは簡単に演奏できる曲を繰り返し練習して、スムーズにコードチェンジできるようになりましょう。簡単な曲が演奏できるようになったら、徐々にレベルを上げて自分が本当に弾きたかった曲にチャレンジしてみてくださいね。

ウクレレ初心者でもできる曲とは

ウクレレ初心者でも簡単に弾ける曲をご紹介します。

アロハ・オエ

ウクレレといえばハワイアンミュージック!アロハ・オエは誰もが知っているハワイアンの名曲です。ゆったりとしたリズムで癒されるので、ぜひ演奏してみましょう。

翼をください

老若男女知っている「翼をください」。ウクレレで演奏すると味のあるヒーリングミュージックのような雰囲気になります。人前で演奏すると喜ばれること間違いなしです!

まとめ

ウクレレはギターより指を動かす範囲が狭いので演奏しやすく、独学でも習得可能です。独学なら楽器と教材があればすぐに練習を始められるので、気軽にスタートできます。ウクレレ演奏できるようになって、あのゆったりとした音に癒されましょう。

タイトルとURLをコピーしました