バイオリン初心者はどのくらいで上達する?練習量と期間について

バイオリン

バイオリンを始めたばかりの初心者は、どれくらいの期間と練習量があれば上達するのでしょうか。今回は大人からバイオリンを始めた場合の上達期間と練習量について解説します。

大人は子どもより上達するのに時間がかかる?

バイオリンは子どものときから始める人が多く、大人になってから始めるのは遅いと考えている人も多いです。確かに小さいころから始めると、バイオリンの演奏方法を身につけながら脳と体が成長していくので、感覚的に弾き方のコツをつかめるなど柔軟に対応できます。

一方、大人は脳も体も成長しきっており、今からバイオリンの弾き方を覚えるとなると、子どもほど柔軟性がないので習得するまでに時間がかかるように感じます。

しかし、大人だからスラスラ弾けるようになるまで何十年もかかるというわけではなく、かかる期間は練習の質と量である程度カバーできます。

大人から始めたから無理かも…とあきらめるのではなく、練習を重ねることで短期間でも演奏できるようになりましょう。

大人初心者が上達するまでに必要な期間とは

上手に演奏できるまでの期間は、曲の難易度、完成度(とりあえず弾ける程度or人前で演奏できる程度)によって異なります。それぞれ順に解説します。

簡単な曲(初級)

きらきら星や蛍の光、ふるさとなど簡単な曲なら、1~2ヶ月ほどでとりあえず弾ける程度には完成します。もちろん個人差があり、練習量にも左右されるのであくまで目安ととらえてください。人前で演奏できるのには1年弱かかります。

やや難しい曲(中級)

バッハのメヌエットやリベルタンゴ、愛の挨拶などの楽曲は中級者向けなので、人前で披露できるまでには2~3年かかります。堂々と弾けるようになるまでには、正しいフォームを身につけるのはもちろんのこと、弓使いが安定している、ビブラートが上手にかけられるなどテクニックの習得も欠かせません。

大人初心者が上達するまでに必要な練習量

バイオリンの上達に必要な1日の練習量は30分~1時間ほどで、毎日練習することが基本です。バイオリンは1日でも弾かない日があると感覚が鈍ってしまい、以前弾けていた箇所でも演奏できなくなることがあるためです。

大人だと忙しくて思うように練習時間を確保できないかもしれませんが、最低でも2日に1回は練習しましょう。間をあけてしまうと、前回演奏した箇所の復習から始めることになり、復習に時間が取られてなかなか先にすすめません。それを繰り返していると上達している実感がわかず、挫折してしまう人も大勢います。

上手くなるためには毎日少しでもいいので練習時間を取ってください。

バイオリンを演奏するのに時間がかかってしまう理由

バイオリンを毎日練習しても、弾けるまでかなりの時間がかかってしまう、思ったより上手くならないと感じることがあります。それは、バイオリンが正しい音程を取るのが難しい楽器だからです。

ピアノは鍵盤の位置が決まっており、どこを押せばドやレやミが鳴るのかはっきりしており、楽譜が読めれば正しい鍵盤を押すだけで弾けるようになります。一方、バイオリンは目印がないからドレミの位置が分かりづらく、なかなか正しく弾けないのです。

バイオリンを弾き始めて最初の段階で躓いてしまっている人は、楽器に目印となるシールを貼り、ドレミの位置が即座に分かるようにしてしまいましょう。

(画像引用: たった30分で弾ける初心者向けヴァイオリンレッスンDVD1弾~3弾セット

教室の先生やプロの多くは、耳で覚えることを推奨していますが、プロのバイオリニストになるのではなく趣味で弾けるようになりたい人にとってはこの方法が手っ取り早いです。

バイオリンを短期間で習得するコツ

ここからはできるだけ短期間でバイオリンが上手くなりたい人向けのコツをご紹介します。

録音して聴いてみる

曲が1曲弾けるようになったら、ぜひ自分の演奏を録音して第三者の立場になって聞いてみてください。演奏しているときは最後まで音を間違えずに弾くことで頭がいっぱいなので、雑になってしまっている箇所やテンポが落ちてしまっている箇所など、欠点に気づきにくいです。

しかし、録音してみると自分の演奏のアラが見え、どこをどう改善すればいいのか分かるようになります。さらにお手本の音源と聞き比べてみると、どんな演奏方法をすればいいのかコツを盗むことができますよ。

30分で弾けるようになるDVD教材を試してみる


裏技&お金がかかる方法ですが、プロバイオリニストの池田晴子先生が動画で弾き方を解説している「たった30分で弾ける初心者向けヴァイオリンレッスンDVD1弾~3弾セット」があれば、楽譜が読めない超初心者でも30分でスラスラ演奏することができます。

動画で弾き方を解説してくれるので、自宅にいながら教室に通っているかのような質の高いレッスンを受講でき、誰もが知っている有名曲が演奏できるようになります。

【収録曲】

・モーツァルト「きらきら星」

・ベートーヴェン「第九 歓びの歌」・「アメイジング・グレイス」

・坂本九「上を向いて歩こう」

・モーツァルト「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」

・パッヘルベル「カノン」

・プッチーニ トゥーランドットより「誰も寝てはならぬ」

・葉加瀬太郎「情熱大陸」

バイオリン習得まで3年もかけたくない、できるだけ短期間で人前で演奏できるようになりたい人は、ぜひ詳細をチェックしてみてください。

▼教材の詳細はこちら

まとめ

大人初心者がバイオリンを始めた場合、簡単な曲がなんとか弾けるようになるまでには1~2ヶ月、中級の曲を人前で演奏できるようになるまでには2~3年かかります。毎日のように練習して正しいフォームやテクニックを身につけることが大切なので、ぜひコツコツ練習してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました