ピアノ初心者がショパンの「革命のエチュード」を弾く方法

ピアノ

ショパンの「革命のエチュード」はピアノを始めたばかりの初心者でも、いつかは弾いてみたいと憧れる名曲です。しかし、あの指使いは初心者には難しそうと思いますよね。今回は独学でショパンの「革命のエチュード」を弾く秘訣についてご紹介します。

ショパンの「革命のエチュード」とは

ショパンの「革命のエチュード」は「練習曲ハ短調作品10-12」と呼ばれる独奏曲です。あくまで練習曲のひとつとして作られましたが、作曲当時、祖国ポーランドのワルシャワがロシアに侵攻され、怒りの感情をぶつけて作曲されたと言われています。

だからこんなにも激しく、情熱的な曲なんですね。

「革命のエチュード」の難易度

全音楽譜出版社による難易度表では、A~Fのうち最も難しいFとされる曲です。数ある楽曲の中でも最上級に難しいので、初心者だととても弾きこなせないでしょう。

独学で学び始めた人にとっても難しく、本来はピアノ教室に何年も通って上級者になった人が弾けるような曲です。

楽譜の中には初心者向けのアレンジされたものもありますが、「革命のエチュード」に関しては編曲されたものよりやっぱり原曲がおすすめです。「革命のエチュード」は編曲してしまうと曲が持つ激しさや美しさがどうしても損なわれてしまい、弾けるようになっても「なんだか違う…」と感じてしまいます。

初心者が「革命のエチュード」を弾くには

初心者が「革命のエチュード」を弾こうとすると、どうしても最初のうちに挫折してしまうため、本来ならやっぱり基礎練習から入って、難易度の低い曲から練習するのが王道でしょう。

しかし、そうはいっても「革命のエチュード」が弾きたいんだという場合、ほんのちょっとだけ練習してしまうのもアリです。左手は16分音符が並ぶので忙しく動き回っていますが、右手は和音をメロディーのように弾いているので、右手だけなら初心者でも弾けてしまいます。

「革命のエチュード」をこっそり弾いてみたい人は、楽譜を用意して右手だけを練習してみましょう。

「革命のエチュード」を弾くときのコツ

「革命のエチュード」をしっかりマスターしたい人は、重要となる左手から練習するのがおすすめです。早く鍵盤を押さえようとすると、どうしても力が入って伴奏の音がメロディーより目立ってしまうことがあります。しかし、「革命のエチュード」では左手は歌っているようになめらかに弾かないと雑音に聴こえてしまいます。

まずは譜読みをして、左手の音をスラスラ口で言えるようになるまで練習し、弾きながら音を言えるようになるまで繰り返し演奏してください。それができてから右手の練習をし、左手を弾きながら右の音を歌って音の重なりを確認しましょう。

その後、両手でゆっくり演奏します。

曲が完成するまで数ヶ月かかりますが、弾けるようになったときの感動はひとしおです。さらに人前で堂々と披露できるようになるまで、反復練習して技に磨きをかけていきましょう。

ほかにもいっぱいある!ショパンの名曲たち

ショパンはピアノをやっている人なら、誰もが興味のある作曲家です。ショパンの曲が弾きたくてピアノを始めた人も多いでしょう。ショパンの名曲には、ほかにもこんな曲があります。

▲「華麗なる大円舞曲」

華やかな曲調で、とても親しみやすい楽曲です。ショパンが作曲したワルツのなかでも最も有名で、ピアニストたちにも人気があります。

▲「英雄ポロネーズ」

ポロネーズとは「ポーランド風」という意味です。「英雄」というのはショパンがつけたものではなく後年つけられたとされています。とてもかっこよく、勇ましい感じの曲です。

▲「子犬のワルツ」

子犬が自分のしっぽを追いかけてクルクルと回るさまを音楽で表現した曲です。リズミカルに元気よく弾く箇所となめらかに弾く箇所を意識して弾くと、曲が持つ味わいをうまく表現できます。

▲「別れの曲」

とてもうっとりする曲調で、ショパン好きのなかで最もファンが多い曲です。こちらは原曲の雰囲気を残した編曲バージョンが多いので、初心者でも簡単に弾けます。

まとめ

ショパンの「革命のエチュード」は難易度の高い曲なので、初心者や独学者が弾く場合はかなりの練習量が必要です。いきなり弾こうとしても挫折しやすいため、まずは他の簡単な曲に挑戦するか、右手だけ弾いてみるのがおすすめです。

ショパンの「別れの曲」なら初心者でも短期間で演奏できるので、ショパン好きは「別れの曲」から挑戦してもいいでしょう。

▼たった30日でショパンの「別れの曲」が弾けた独学ピアノ体験談はこちら

タイトルとURLをコピーしました